リハビリテーション室

理念

疾病や障害を有する人々がその人らしく生活していく為に、
リハビリテーション専門職として、質の高いサービスを提供します

基本方針

  1. リハビリ専門職として、変遷する医療・疾病・ニーズに応える為、常に自己研鑽に取り組みます。
  2. 多職種での連携を行い、【その人らしい】生活を構築する為に情報共有を図ります。
  3. 患者様の目線で考え、多様な価値観に配慮したリハビリテーションサービスの提供に努めます。
  4. 良識ある社会人・医療人として自覚し、患者様に信頼される接遇を心がけます。
  5. リハビリテーション室として、人材育成を図り常に良質なリハビリテーションを展開できるチーム作りを推進します。
  6. ワークライフバランスを大切にし、職員の心と身体の健康を守るとともに、意欲や充実感をもって仕事ができる職場づくりを目指します。

障がいをかかえた方々へ、機能回復訓練・生活動作練習を通して、家庭・社会への復帰をお手伝いしています。また、生活上の不安を軽減するために、介助方法の指導や福祉用具、家屋改修のアドバイスも行っています。

リハビリテーションの様子

理学療法士

病気や怪我などが原因で起こる動作能力(起き上がる、立ち上がる、歩くなど)の障害に対して運動療法(関節や筋力に対するトレーニングアプローチ)を行い、日常生活動作の改善に繋げます。

作業療法士

「日常生活動作」「家事」「仕事」 「遊び」など、生活全般に関わる活動を『作業』と呼んでいます。作業療法は一人一人の患者様の生活状況や社会的背景、精 神面に配慮し、各々の生活や仕 事に復帰できるように具体的 な作業を通して動作練習や環境調整を行います。

言語聴覚士

ことばによるコミュニケーシ ョンには言語、聴覚、発声・発 音、認知などの各機能が関係し ていますが、病気などでこのような機能が損なわれ、課題を抱 える方に対し、自分らしい生活を構築できるよう支援します。 また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。